ロゴ

(更新日:

【対策】海外のATMでカードが吸い込まれた時の対処方法【経験談】

TRAVEL

こんにちは YASUです。

スペイン:バルセロナのATMでカードを使ったら吸い込まれました。

ATMで現金も詰まった経験もありです。

海外ではよくある話と聞いていましたが、いざ自分がATMでカードを使って戻ってこない状況になったら、「え、え、マジか・・・。」と焦りましたね。
でも、銀行の外に取り付けられているATMを使っていて、パスポートのコピーのおかげでカードは無事に戻ってきました。

カードが吸い込まれたのは初めての経験です。

というわけなので、対処方法を解説していきます。

【対策】海外のATMでカードが吸い込まれた時の対処方法

カードのデータを盗む

人によっては「カードを停止」して諦めましょう。

と言われていますが、それは最終手段ですね。

僕はパスポート(海外では身分証代わり)のコピーを持っていたから無事に戻ってきました。

対処方法は下記の3つです。

  • ①:銀行の外のATMなら、銀行員を呼ぶ
  • ②:ATMに書かれている電話番号に電話
  • ③:諦めてカードを停止(カード会社に電話)

上記について1つずつ解説します。

①:銀行の外のATMなら、銀行員を呼ぶ

僕が実際に経験して行ったのが銀行員を呼ぶことです。

もちろん英語や現地の言葉は全く話せない状況だったので、不安しかなかったです。

ジェスチャーでなんとか説明しました。

おそらく15〜20分くらいは待たされてました。

もうこの時の心境は「あぁ〜カードのデータ、スキミングされてんのかな・・・。

などと思いながら、かなり焦りましたが、銀行員の方が吸い込まれたカードを抜いて持ってきてくれました。

その時に必要だったのが、「身分証」です。

正直相手がスペイン語で何を言ってるのかわかなかったので、パスポートのコピーを見せました。

パスポートはいわゆる「外国人の身分証」です。

そしたら銀行員の方が確認し、カードを返してくれました。

留学する前から身分証の代わりになるから、普段はパスポートのコピーを持ち歩いていた方がいいと留学会社から聞いていたので、役に立ちました。
パスポートのオリジナルは無くした場合、取り返しが付かなくなるので、基本はコピーしたものを持ち歩いた方がいいです。

海外に旅行や留学する際はパスポートをコピーしておくと便利です。

いざというときの為の身分証代わりになるので、準備しておきましょう。

②:ATMに書かれている電話番号に電話

道端などにあるATMを利用してクレジットカードが吸い込まれた場合は、ATMに記載されている電話に問い合わせる方法です。

ただ、英語や現地の国の言葉が話せない人にとって、電話でのやりとりはハードすぎると思います。

その場合は諦めてカードを停止しましょう。

英語がで話せる方であれば、電話でやりとりしてカードが詰まったことを伝えれば、取り出しにきてくれます。

ただ、時間がかかるので、諦めてカードの利用を停止した方がいいかもです。

③:諦めてカードを停止(カード会社に電話)

諦めて、利用しているクレジットカード会社に電話して、すぐに停止しましょう。

ですが、海外からだと国際電話が必要になってきます。

国際電話だと電話料金がかなり高くなるので、下記のアプリから電話するのがおすすめ。

  • Skype(スカイプ)
  • line-out(LINEの機能)

上記のアプリを利用してクレジットカード会社に電話しましょう。

Skypeをダウンロードする

スカイプは上記からダウンロードすればすぐに利用できます。

line-outの機能について

line-outは、普段利用されているLINEの中の機能です。

line-outの内容
line-outは広告を試聴することで一定時間(1〜5分)だけ無料通話(国際通話)が可能です。
ただし、一定時間無料通話ができる国や地域が限定されています。
無料通話の時間を過ぎてしまうと有料になり、「コールクレジット購入」画面からクレジットを購入しないと電話ができません。
コールクレジットはいわゆる、電話代を買うという感じです。

line-outはLINEの設定画面内にあります。

あらかじめ海外に行く前に上記のアプリはダウンロードしておきましょう。

ATMで現金が詰まらない方法

海外のATMではカードだけではなく、現金も詰まりやすいです。

結論を言うと、現金を詰まらせないためには下記を行います。

  • 一度にたくさんの現金を引き落とさない
  • お金が出てきている時に、詰まらないように手で引っ張る

実際に海外でATMを利用していた時に上記を心がけていました。

日本のATMと違って、扉が「パカッ」っと開いてまとめてお金が取れるタイプではありません。

僕が実際に海外で利用したATMは下記の画像のようなタイプでした。

海外のATM

このタイプはお金が詰まりやすいので注意です。

特に海外のお金(お札)はシワシワなのが多いので、詰まりやすいです。

海外でクレジットカードを利用するときの注意点

クレジットカードを保護

下記に気をつけましょう。

  • 道端にあるATMの使用
  • 大手の銀行以外のATMの使用
  • 銀行員が不在(休み)の時に使用

上記の内容に注意してATMを使用すると、万が一の時でも対処しやすいです。

特に道端にあるATMなどは使用しない方がいいです。

お金を引き出しているところを誰に見られているか分からないので、スリに会う危険が高くなります。

クレジットカードは複数枚持っていた方がいい

これまでのように海外でクレジットカードを利用すると、紛失する恐れがあります。

クレジットカードは2枚以上は持っておくことをおすすめします。

海外に留学中に僕が使っていたクレジットカード

  • 楽天カード(VISA)
  • SAISONカード(JCB)

あまり多すぎても逆に紛失が増えそうなので、とりあえず予備として2枚だけ持っていきました。

外に出歩く時は基本1枚だけ持ち歩く感じです。

海外ではカードのトラブルが起きやすいので、複数枚作っておくことを推奨します。

クレジットカードは現金より安心です

クレジットカードの利用は危険だな」と思うかもですが、わりと現金の方がデメリットです。

  • 現金は盗まれた時に返ってこない
  • クレジットカードは盗まれたらすぐに停止すれば悪用されづらい
  • クレジットカードは紛失しても停止・再発行すれば問題なし

カードを使わないように、逆に大金を持ち歩くのは危険です。

実際にスリに狙われた経験があるので、大金を持ち歩くのは危険だと実感しました。

世界中ではもう「キャッシュレス化」してきていますよね。

中国などではPayPayでの支払いがほとんどなので、もう海外でも現金よりカードかスマホ決済ですね。

ということでこの辺で終わりにします。

やっぱり日本は便利で性能が良い機械が多いですね。

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【5社】

                                                                   

Resources