ロゴ

ビジネスに正解はないので、自分で模索するべき話【答えはありません】

LIFE

〜今回のひとこと〜
答えを探している人ほど、他責になりやすい

こんにちは YASUです。

日々、自分の頭で考え、模索して生きてきました。
徐々に理想の人生に近づいてきました。

ということで、本題に移ります。

最近思うのですが、YouTubeやSNSのコメント欄をみると「〇〇をしたら稼げますか?」など、成果を出してる発信者に対し「正解を求めてくる人」がいますが、ぶっちゃけそういった方は思考停止していると思います。そして、ここは間違いないと思いますが「ビジネスで完全な正解はない」ですよ。自分で考え、動き、模索するしかないです。

上記の内容を深掘りします。
正解があったら、誰も苦労しません。過去の自分に向けて書きました。

ビジネスに正解はないので、自分で模索するべき話

hot-air-balloon-3350367_1280

答えを探すだけ時間の無駄です。裏技なんてありません。

人に正解を聞いてくる人は、思考停止している

YouTubeやSNSなどのコメント欄でよくみる質問があります。

  • 〇〇をしたら、稼げますか?
  • 〇〇と〇〇ならどっちを始めた方が良さそうですか?
  • 〇〇はどれくらい続けたら、成果が出ますか?

上記のとおり。
これは完全に思考停止です。答えを探してますよね。

そして、その答えはもう自分の中である程度固まっていて「〇〇をやると、稼げますよ」みたいな答えを相手から求めているはずです。

そこで「答えなんてありませんよ、地道にコツコツと継続しながら、模索するだけです」みたいな答えだと「いや、、そういうのじゃなくて…」と思いますよね。

たぶん、こういった質問をする大半の人は騙されやすい傾向にあると思います。もし、質問した先の相手が悪い人だったら、たとえば「〇〇をやると、稼げますが、ただ適当にそれをやっても稼げないし、無駄な努力になってしまうので、これを買えば解決できると思いますよ」みたいな感じです。

  • 僕も実際に〇〇をやり始めてから、月30万円を達成
  • 誰も教えてくれない、〇〇をやるだけで月10万円は簡単
  • 最新のAIツール〇〇を使って、僕は何もしなくても月30万円を達成

たとえば、上記みたいな謳い文句で、初心者をターゲットに勧誘できますよね。

しかし、繰り返しですが、答えを求めても、正解なんてありません。

自分で試してみれば、正解かどうかが、分かる

質問の答えがあるとすれば、下記のとおり。

  • 〇〇をしたら、稼げますか? →やってみると良いですよ。
  • 〇〇と〇〇どっちを始めた方がいいですか?→どっちもやると良いですよ。
  • 〇〇はどれくらい続けたら、成果が出ますか?→やってみると良いですよ。

質問先の相手が、善意ある人であれば全ての答えに「やってみましょう」と答えるはずです。というより、これしか、言いようがないはずなので。

そして、そういった質問をしても、大半のインフルエンサーや成果を出してる人は、直接答えてくれないと思います。もしこういった質問に答えるとすれば、自分で動画やブログなどでコンテンツにして、発信すると思います。

そのほうが、多くの人に伝えることができますよね。

しかし、こういった質問は、成果を出してる人のコメント欄を見ても絶えないですね…。

正解を知るには、自分で模索するしかない

これに尽きます。正解は自分で探すしかないです。

  • ブログで稼げるか?→まずは記事を書く→アクセスの反応を見る→需要があれば収益化も可能
  • YouTubeは今からでも稼げるか?→まずは動画を撮る→公開する→閲覧数などを確認→改善する
  • 新規ビジネス〇〇で稼げるか?→そこにお金を払う人がいるか考える→コストを抑えつつ検証

たとえば、上記のとおり。

基本的に、重要なのは「試す」ことであり、「失敗せずに、最短距離で稼ぐ」という考えは不要ですね。いきなりビジネスを始めて、初月から稼ぐとかってほぼ無理だと思っておくべきです。

たとえば下記のような速度感で稼げるようになっていくのかなと。

  • 1ヶ月目の収益は0円
  • 2ヶ月目の収益も0円
  • 3ヶ月目の収益で、もしかしたら5,000円

上記のとおり。
全くビジネス経験がない初心者がいきなり始めても、稼げないです。

最低条件:稼いでる人は、圧倒的に継続しています

先に書いておくと、継続が全てではないです。
しかし、最低でも「継続」は必須です。

  • 最低条件:継続
  • 成果を出すための条件:挑戦・改善・検証

上記のとおり。

情報収集ばかりしてませんか?
基礎学習の本ばかり読んでませんか?
圧倒的に稼いでる人のSNSばかり見て、答えを探してませんか?

ぶっちゃけ、そういった行動は時間の無駄です。

何をやるにしても「とりあえず、試してみる」ことです。

成果を出してる人を見ると分かると思いますが、皆さん驚くくらいに圧倒的な作業量であり、それぞれやり方が違うことに気付くと思います。

結局は、数をこなし、自分なりの正解を見つけていくしかないです。

ビジネスで、自分なりの正解を探すための手順

pirate-5996147_1280

自分なりに、正解を探していきましょう。
手順は下記のとおりです。

  • 手順①:最低限の基礎理解
  • 手順②:数をこなし、模索する
  • 手順③:ヒットしたとこに、全力コミット

実際に僕が試している方法です。

手順①:最低限の基礎理解

ここは読書や動画とかでOKです。

・教本なら2〜3冊くらい
・動画なら、最終的に1人に絞り込む

繰り返しですが動画とかを見て、発信者に「〇〇をしたら、稼げますか?」とか「〇〇をしたら、どれくらいの期間で成果が出てきますか?」とかの質問は完全に思考停止なのでNGです。

こういった質問をしてる間は、まだ「答えを探してる状態」ですよね。

答えはないので、自分なりに模索するしかないです。

手順②:数をこなし、模索する

基礎学習を終えたら、とにかく数をこなし模索するだけです。
たとえば、僕のブログで例えると下記のとおり。

  1. 留学した時の内容について記事を書く
  2. ブログの立ち上げ方法について記事を書く
  3. 動画編集について記事を書く← ここでヒット

上記のとおり。
数ある記事の中から、動画編集に関する記事へのアクセス(反応)が圧倒的に良かったです。

このように、アクセスだったりSNSのコメントを見つつ、反応を伺います。そして、反応が良いジャンルで、とりあえず継続ですね。

たとえば、魚釣りと同じですね。

  • 釣り場を決める(ジャンルを決める)
  • エサを撒く(記事を書く)
  • 魚がいるか確認する(アクセスの反応を見る)
  • 反応が良い場所なら、しばらく釣りをする(とりあえず、継続)

こんな感じですね。

なお、ここで全く反応がないジャンルだと分かったら、場所を変えてみるだけです。
仮に、Twitterとかインスタで反応がない場合は、Facebookとか、身近な友達にリーチするのもありですね。そこだと反応が来ると思います。

恥ずかしいかもですが、友達に拡散する手もあります。

手順③:ヒットしたとこに、全力コミット

継続していると、ある時に「あれ、なんかアクセスが伸びてるぞ」という時がきます。
そしたら、そのジャンルに「全力コミット」です。

それが、先ほども言いましたが、僕の場合は動画編集に関する反応が圧倒的でした。

ぶっちゃけ、これまでにないくらいの反応が良かったので、そこにコミットしたら、アクセスがどんどん伸びていき、月に4万のアクセスを超えました。

ブログに限らず、どんなビジネスでも使える戦略だと思います。
YouTubeにせよ、商品開発の仕事にせよ、SNSでバズらせるにせよ、、、いろんなところで使えるので、応用してみてください。

正解を知るには、全てにおいて体験です

というわけで、今回はこれくらいにします。
20代の頃に、答えばかりを探していた「過去の僕」に向けて書きました。

なお、最後に一つあり、それは「人生の全てが勉強」ということです。

世の中を見渡すだけでも、学べるところがたくさんあり、ちょっとネットでググるだけでも情報が無限に溢れてきます。ここからも学べます。

YouTubeでも、Twitterでも、インスタでもFacebookでも、インフルエンサーの発信からも、学ぶことができますよね。カフェを起業したいなら、繁盛してる店からも学べます。

勉強は教材からだけでなく、日常のあらゆるところから学ぶことができます。

ぜひ、他人から答えを探そうとせず、自分の頭で考え、動き、模索し、継続改善をしつつ、自分なりの正解を探してみてください。

おわり。

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources