ロゴ

(更新日:

【留学しなかった自分に後悔してる人へ】後悔はしてもいいと思う

STUDY ABROAD TRAVEL

こんにちは YASUです。

最後に留学したのは当時、28歳の時です。

帰国後は語学を活かすことなく、工場で働きました。
もちろん留学はして良かったです。

今回は下記の悩みについてお答えします。

「留学しなかった自分に後悔してます」
「留学しても、帰国してから就職できるのか不安」
「留学したいけど、その後の目標が見えない・・・。」

僕は後悔することも大事だと思います。

記事で解説していきます。

【留学しなかった自分に後悔してる人へ】後悔はしてもいいと思う

インスピレーション

先ほども言いましたが、下記の悩みについて答えていきます。

  • 【悩み①】留学しなかった自分に後悔してます
  • 【悩み②】留学しても、帰国してから就職できるのか不安
  • 【悩み③】留学したいけど、その後の目標が見えない・・・。

【悩み①】留学しなかった自分に後悔してます

結論:後悔してもいいと思います。

人によっては「過去なんて忘れて前を見ろ」という方もいるかもしれません。

でも逆に過去の後悔を忘れたら、また同じことを繰り返すんじゃないですかね。

そしたらまたいつか後悔をしますよね。

後悔をしたからこそ、次は同じことを繰り返さないようにすればいいだけだと思います。

留学しなかったことに後悔をしたのなら、次はその思いを行動に移せばいいだけです。

留学に早いも遅いもないと思います。

それは留学しなかった自分に言いかせてる言い訳。

おそらく、もっと若い時(学生の時)に留学しておけば良かったと思っていませんか?

逆に社会人になって留学するのは遅いですかね?

僕は28歳で仕事を辞めて留学しましたが、留学先では50〜60代くらいの夫婦もいましたよ。

もちろん28歳で留学するのは遅いと僕は思っていません。

「世間では遅いでしょ」というかもですが。

そもそも留学するのに「早い・遅い」という考えを持つことがどうかと思います。

後悔をしたその後の自分の気持ちに素直になればいいだけ

後悔してるなら今から留学する日(目標)を決めて行動すればいい。

頭で考えていても、1歩も前に進まないですよね。

現状は変わらないです。

相談即決即行動しましょう。

後悔はしてもいい、でもその後が大事

【悩み②】留学しても、帰国してから就職できるのか不安

人によっては留学した後に、どういう仕事に就くか考えてから留学するべきでしょ。

何のために語学を学ぶのか目標がないと意味ないですよ。

という方もいると思います。

でも留学する前から、難しく考えなくていいと思います。

僕の考えは下記です。

行動(留学)しながら考えればいい

おそらく、留学する前から就職のことを考え始めたら、結局は留学しないことを考え始めると思います。

たとえば下記の行動しない人のパターンに当てはまると思います。

行動する人、行動しない人

こうしてみると、行動しない人は頭で先に考える傾向にありますよね。

このような人は僕が思うに「頭の良いタイプ」の人だと思います。

なんでも行動に移す前に頭で考えすぎて結局、安全な道(現状維持)に走りますよね。

もちろん考えることはものすごく大事

でも、時には思考停止して行動した方が良いこともあるということです。

留学した後に就職ができなったら、バイトしながら自分のやりたいことを探すでも良いと思います。

それでもまだ何も決まらなかったら、お金を貯めてまた留学してみるのもありだと思います。

留学すれば良いというわけではないですが。

何度も行動を繰り返していくと、自分の本当にやりたいことが見つかりますよ。

僕は行動しまくったら30歳をすぎて、やっと初めて自分の本当にやりたいことが見つかりました。

本当にやりたいことを見つけるまでに10年の時を費やしました。w

【悩み③】留学したいけど、その後の目標が見えない・・・。

これも先ほどと同じで、留学した後のことは行動(留学)しながら考えれば良いと思います。

もちろん留学したから目標が見えるというわけでもないです。

でも何もしないで現状維持よりはマシだと思います。

ちょっと個人的な話

僕が留学をしたのは28歳で、なんの目標もなかったです。

語学を活かした仕事に就くことも考えてなかったです。

仕事も辞めて勢いで留学しました。

正直目標はないというより、留学することを目標にしてた感じです。

帰国後のことは留学中に考えれば良いと思ってました。

とにかく行動に移すことで、次につながると思っていたので。

考え方としては、何もやらないで後悔ではなく、やって後悔ですね。

もちろん後先考えないで行動をすると、失敗もそれなりに多いです。

行動をすると失敗の数も増える

行動をたくさんすると失敗の数もそれなりに増えます。

でもその失敗は今では自分の人生において「財産」だと思ってます。

カッコよく言ってますが、今までの失敗は後になって無駄ではなかったと感じるようになりました。

留学したいけど、なんのために留学するのか、留学中に何もやりたいことが決まらなかったらどうしようとかは留学前に考えなくても良いと思う。

新しいことにチャレンジする時に過去の後悔を思い出そう

僕がやってることですが、何か新しいことにチャレンジする時には過去の後悔を思い出したりします。

その時の感情を思い浮かべると、もう二度とあの時のような後悔はしたくないと思います。

そうすると、あんな後悔をまたするくらいなら、やって後悔した方がまだマシ!

と思って、すぐに行動に移せます。

見切り発車するとほぼ失敗しますが、そこで考えてまた行動の繰り返しです。

それを繰り返すことで、道が開けてくると僕は思っています。

なので留学をしなかった自分に後悔しているなら、また同じ後悔を繰り返さないように今度は先のことまで考えるのではなく、すぐ行動に移してみてください。

そうすると、新しい道が開けるかもです。

挫折や失敗、後悔をしたからこそ僕は前に進めました

山登り

また個人的な話です。

僕のプロフィールを見ていただくとわかりますが、だいぶ失敗や挫折を繰り返してきました。

もちろん後悔もあります。

もっとあの時に・・・。

なんてことを思って後悔しました。

でもあの時の後悔もあったからこそ、前に進むことができました。

最も大事なのは「もっとあの時に・・・。」と思う後悔を今後の人生にどう活かすかが大事だと思います。

後悔をした当時はものすごく挫折をして、精神的に苦しかったですが、今思うと後悔してよかったと思います。

過去に後悔をしたからこそ、今ではその時の自分より圧倒的に成長することができました。

自分の気持ちに素直になるだけ

留学しなかった自分に後悔をしてる人、留学後の就職で不安になっている人、留学をしたくても目標が見えない人へ

その思いを断ち切るには自分の気持ちに素直になって行動するだけ。

何度も行動行動とごめんなさい。

でも何かをやる時は行動しかないです。

僕の好きな言葉を1つご紹介します。

知覚動考(ちかくどうこう)

知覚動考は「知る・覚える・動く・考える」です。

行動する人:知覚考(ちかくどうこう)
行動しない人:知覚動(ちかくこうどう)

知覚考動は考えてから行動しようとするという意味です。

知覚動考は行動しながら(壁にぶつかった時)考えるという意味です。

この違いです。

知覚動考(ちかくどうこう)にはもう一つ言い方があります。

ともかくうごこう」です。

もちろん行動する人が全て良いというわけではないです。

でも悩むくらいなら行動です。

終わりにします。

後悔しても問題なしです。
+に考えましょう!

Twitterもやってるので「フォロー」または「いいね」していただけると励みになりますm(_ _)m
☞ yasu_shigemoto

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【5社】

                                                                   

Resources