ロゴ

(更新日:

【Xサーバー】Gmailを独自ドメインのアドレスにメール設定

HOW TO

こんにちは YASUです。

自分のブログの独自ドメインをメールアドレスとして利用できた。

〜今回のひとこと〜
独自ドメインアドレスは海外のASPに当ブログの運営者だと証明できる

【Gmailを独自ドメインのメールアドレスに設定とは?】
・通常アドレス:〇〇@Gmail.com
・独自ドメインアドレス:〇〇@yasunari-shigemoto.org

レンタルサーバーを契約していると上記のように、独自ドメイン名でメールアカウントを作成して、Gmailなどと結びつけて「ウェブメール」として利用することができます。

今回のテーマは「Gmailを独自ドメインのアドレスにメール設定

本記事の内容

  • 【Xサーバー】独自ドメインをメールアドレスに追加 (作成)
  • 【Xサーバー】Gmailを独自ドメインのアドレスにメール設定する方法

順番に設定していきましょう!

【Xサーバー】独自ドメインをメールアドレスに追加 (作成)

レンタルサーバー-メール設定

先ほども言いましたがXサーバーなど、レンタルサーバーと契約していることで、独自ドメイン名でメールアドレスを作成することができます。

簡単に言えば「@」以降に「.com」などではなく、独自ドメイン名を使ってウェブメールとして利用することができます。

※ ウェブメールとはGmailなどのことを言います。

メリットとしては、場所を選ばずにどこからでも利用できるという感じです。

ということで、、、

さっそくGmailに独自ドメインを設定していきたいんですが、まずはXサーバーの方で独自ドメインのアドレスを作成する必要があります。

独自ドメインのメールアカウント作成までの流れ

1, Xサーバーの管理画面に移動
   ↓
2, メールアカウント追加(作成)
   ↓
3, メールアカウント設定
   ↓
4,  完了

という感じなので、まずはXサーバーで独自ドメインのアドレスを作成ですね。

メールアカウント追加

1, まずはXサーバーのサーバーパネルを開きましょう。

サーバーパネル-メール設定

2, メールアカウント設定 をクリック。

メールアカウント選択

3, メールアカウントを作成したいドメインを選んで 選択する をクリック。

設定対象ドメイン」が作成したいドメイン名になっているか確認。

4, メールアカウント追加 をクリック。

メールアカウント追加

5, 設定が完了したら 確認画面へ進む をクリック。

6, 内容に誤りがない確認したら 追加 をクリック。

入力内容は下記を参考にどうぞ。

項目内容
メールアカウント@の前に任意のアドレス名を入力。
(info..などと入力する人が多い)
パスワードパスワードを入力。
(Gmailにアドレスを追加するときに必要)
容量メールボックスの容量を「1~5000MB」で設定ができ、後からでも変更はできます。
(例:300MB)

ここで入力した「メールアカウント」「パスワード」はGmailにアドレスを追加するときに必要になるので、メモなどをして忘れないようにしておいてください。

以上でメールアカウントの作成は完了。

次にメールアカウントの設定をしていきます。

メールアカウント設定

7, ここではメールの「転送先」の設定をします。

アカウント設定-転送先

8,メールアカウント一覧」→ 転送 をクリック。

転送先の設定

9, 入力が完了したら 追加する をクリック。

入力内容は下記を参考にどうぞ。

項目内容
メールボックスに残すかどうかの設定作成した独自ドメインアドレスに届いたメールをメールボックスに「残す」「残さない」を設定します。
(残す)
転送先アドレス転送先がないと届いたメールを確認できずに消えてしまいます。
(現在お持ちのGmailのアドレスを入力)


転送先を現在お持ちのGmailアドレスに設定しておくと、独自ドメインアドレスにメールが届くと、Gmailでメール内容を確認できます。

メールソフト設定

10, ここでは、Gmailで設定するときに必要になる「POPサーバー」「SMTPサーバー」のコードを控えておくだけでOK.

メールソフト設定

  • 受信メール(POP)サーバー:sv※※※.xserver.jp
  • 送信メール(SMTP)サーバー:sv※※※.xserver.jp

上記のサーバーのコードをメモしたらXサーバーのメール設定は完了。

次はいよいよGmailと独自ドメインのアドレスを結びつけて終わりです。

あと少しなので頑張りましょう(=゚ω゚)ノ

【Xサーバー】Gmailを独自ドメインのアドレスにメール設定する方法

Gmailにドメインメール設定

ここまでくれば、すぐ終わります。

さっそく設定していきましょう。

独自ドメインアドレスをGmailと結びつけるまでの流れ

1, Gmailを開く
   ↓
2, メールアカウントの追加(設定)
   ↓
3, 独自ドメインアドレスの入力
   ↓
4, メールアカウントの追加
   ↓
5, 受信メールサーバー情報の入力
   ↓
6, 受信設定の完了
   ↓
7, 名前の設定
   ↓
8, 送信メールサーバー情報の入力
   ↓
9, 認証情報の確認
   ↓
10, 完了

設定までながっ( ゚д゚)

と思ったかもですが、1つ1つの作業が少ないので設定はすぐ終わります。

メールアカウントの追加(設定)

1, まずはGmailを開きましょう。

Gmail設定

上記画面の通りです。

2, 設定アカウントとインポートメールアカウントを追加する をクリック。

メールアドレスの入力(独自ドメインアドレス入力)

ドメインアドレス入力

3, Xサーバーで作成した「独自ドメインのアドレス」を入力 → 次へ をクリック。

メールアカウントの追加

メールアカウント追加

4,他のアカウントからメールを読み込む (POP3)」にチェック → 次へ をクリック。

受信メールサーバー情報の入力

情報入力

5, 全て入力が完了したら アカウントを追加 をクリック。

入力内容は下記を参考にどうぞ。

項目内容
ユーザー名独自ドメインのメールアドレスを入力。
パスワードメールアドレス作成時に設定したパスワードを入力。
POP サーバーsv※※※※.xserver.jp」を入力。
(サーバー情報→ホスト名と同じ)
ポート995」を入力
(SSL通信にてメールの受信を暗号化…セキュリティ強化的な感じ)
メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用するチェックを入れる

受信設定の完了

受信設定

6,はい」にチェックを入れ→ 次へ をクリック。

名前の設定

名前設定

7, 全て入力が完了したら 次のステップ をクリック。

入力内容は下記を参考にどうぞ。

項目内容
名前任意の名前を入力。
(メール受信者に表示される名前になります)
エイリアスとして扱いますチェックを外す

送信メールサーバー情報の入力

送信メールサーバー情報の入力

8, 全て入力が完了したら アカウントを追加 をクリック。

入力内容は下記を参考にどうぞ。

項目内容
SMTPサーバーsv※※※※.xserver.jp」を入力。
ポート465
(SSL通信にてメールの送信を暗号化…セキュリティ強化的な感じ)
ユーザー名独自ドメインのメールアドレスを入力。
パスワードメールアドレス作成時に設定したパスワード
SSLを使用したセキュリティで保護された接続チェック」を入れる

認証情報の確認

設定した独自ドメインのメールアドレス宛に、Gmailから認証メールが届きます。

リクエスト承認リンクのクリック

9,確認コードをコピー」→「リクエスト承認リンク」をクリック。
※ 上記画像を参考にしてみてください。

確認ボタン-完了

10, 確認 をクリック。

以上です。

これで独自ドメインのアドレスをGmailで利用できるようになりました。

設定完了後、すぐにメールのやりとりをすると、送信時にエラーが起きる場合がありますが、その際はまだ反映していないだけなので少し時間をおけばエラーが出なくなります。

補足:承認リンクをクリックしても機能しない場合の対処法

確認設定

設定アカウントとインポート確認 をクリック。
※ 上記画像を参考にしてください。

Gmailから送られてきた内容の中の「確認コード」の番号を入力 → 確認 をクリック。

以上です。

これで独自ドメインのアドレスをGmailで利用できるようになるはず。

やっとおわり(=゚ω゚)ノ

当ブログではサイト運営に役立つ便利機能やHOW TOをご紹介中(^_^)v

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【5社】

                                                                   

Resources