ロゴ

(更新日:

Filmora9を使ってYouTubeで収益化したい人のプラン選び【商用利用について】

Filmora9 VIDEO YOUTUBE

アニマル-ペンギン

Filmora9でYouTubeで収益化したい人「Filmora9で編集した動画をYouTubeで公開して収益化していきたいんだけど、どのプランを選べばいいんだろう..個人向けとビジネス向けで何が違うのかなぁ・・」

このような疑問にお答えします。

〜今回のひとこと〜
これからの時代を考えて個人もビジネスも全て同一にすればいいのに…

ややこしい…

こんにちは YASUです。

Filmora9には個人向けやビジネス向けまたは学生・教職員向けなどのプランがありますが、正直自分はどのプランに当てはまるのか?
というところが気になるかと思いますが、当記事でそのモヤモヤを解決させれたらと思い、かなり作り込んだ記事になってしまいましたm(_ _)m

ひとりごと

動画編集ソフトを使ってYouTubeに動画をアップして、収益化していきたいと思ってる人はたくさんいると思う。
でも正直どの動画編集ソフトも個人向けやビジネス向けに対しての説明が分かりにくいし、結局どのプランを選んだらいいのか迷ってしまうと思う。

結論を言うと、個人で広告収益を目的とした方であれば「個人向け」でOK(=゚ω゚)ノ

詳細は記事にて分かりやすく解説します。

ということで、、、

Filmora9

今回のテーマは「Filmora9でYouTubeにアップして収益化したい人のプランの選び方

本記事の内容

あなたの頭の中のモヤモヤは僕が解決して見せます( ̄^ ̄)ゞ

さぁ気を引き締めて読んでいきましょう!

Filmora9を使ってYouTubeで収益化したい人のプラン選び【商用利用について】

freepik-236

結論を言うと先ほどもちょっと言いましたが「個人で広告収益だけの目的」であれば個人向けプランで大丈夫です。

じゃあ逆にビジネス向けはどんな人に向いているのか?

などについても詳しく下記で解説していきます。

多くの人が悩むところは、収益化(広告収益)が発生し始めたら、個人向けからビジネス向けに切り替えないといけないと思う方も少なくはないと思います。

ちなみに、広告収益だけであれば個人向けで全然大丈夫でして、Filmora9のエフェクトも全て利用可能です。

とはいえ、ある条件によってはビジネス向けじゃないとダメな場合もあり、その辺がちょっとややこしいところではありますが、なるべく分かりやすく解説していきます。

ということでさっそくですが、下記の順番に解説していきます。

  • Filmora9のプラン/種類
  • 個人向けについて
  • ビジネス向けについて
  • 学生・教職員向けについて
  • 個人向けとビジネス向けどっちを選ぶべきか?
  • おすすめは個人向けの「ライフタイムプラン」

順番に見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

Filmora9のプラン/種類

Filmora9-プラン

Filmora9では大きく分けると3種類のプランがあります。

・個人向け
・ビジネス向け
・学生・教職員向け

さらに見ていくとこんな感じです。

個人向け

  • 無料プラン
  • 年間プラン
  • ライフタイムプラン
  • Filmora+Filmstocks
  • 複数台PC用ライフタイムプラン

ビジネス向け

  • 基本ビジネス:3ヶ月プラン/1PC
  • プレミアムビジネス:3ヶ月プラン/1PC
  • ライフタイムビジネス:ビジネスプラン/1PC
  • 複数ビジネス:複数利用プラン/5PC

学生・教職員向け

  • 学生・教職員向けの学割価格:永久ライセンス/1PC

※ 2020.06.22時点

料金やプラン・割引については改定されている場合もあります。

☞ Filmora9をチェックしてみる
※ 公式ページから確認できます。

こうして見てみると、いまいち分かりにくいのは「ライフタイムプラン」だと思うので、この辺をちょっとだけ解説しておきます。

ライフタイムプランとは:利用期間などの制限もなく、一度購入するとずっと(永久に)利用することができます。
逆に3ヶ月や年間プランに関しては、利用期間が決まっていて、その都度更新をする必要があります。

ということで、下記からはFilmora9の3種類のプランについて詳しく解説していきます。

個人向けについて

多くの人が気になる部分だと思うのでちょっと深掘り。。。

個人でFilmora9を使って動画編集をしてYouTubeにアップし、広告収益を得ていきたい方などは個人向けのプランです。

一般的なYouTuberの方などは個人向けのプランでOK(=゚ω゚)ノ

たとえば、登録者数が1000人を超えて、広告収益が発生し始めたとしても個人向けを利用して大丈夫です。

そこで気になるのが収益化し始めたらビジネス向けにしないといけないのかなと思うかもですが、全然個人向けを利用しても問題なしです。

さらに言えば、Filmora9に内蔵されているエフェクトや音楽・BGM・サウンドなども全て利用して大丈夫です。
※ 「商用利用目的」になると利用できないので注意。

公式サイトにも分かりにくいですが、記載されているので参考までにどうぞ。

Filmora9-個人向け

上記の収益化に関する内容を引用するとこんな感じで記載されています。

個人Youtubeチャンネルで、法人案件ビデオやプロモーションビデオなど、法人(商用)用とみなされる動画を公開しない場合、広告収益の有無に関わらず個人利用とする

引用元:Wondershareよくある質問

要するに、商用(販売や企業案件など)の目的とした動画ではない場合で「広告収益だけの目的」として利用する分には個人向けでOKということ(=゚ω゚)ノ

まとめるとこんな感じ。

  • 広告収益のみの場合は個人向けでOK
  • Filmora9内蔵のエフェクトは全て利用可能
  • 収益化(広告収益)した場合でもエフェクトの利用はOK

ビジネス向けについて

企業案件を扱う場合はビジネス向けになります。(商用利用)

たとえば、個人向けで利用していた場合で、登録者数も増えてきて、企業側から案件を受けた場合などはビジネス向けを利用する必要があります。

その他にも、企業から依頼を受けて作成する動画などに関してもビジネス向けになります。

万が一、企業側とのやりとりでお金が発生しない場合でもビジネス向けの利用になるので、この辺は注意しましょう。

要するに第三者から無料で受けるもの(商品)なども全てビジネス向けということです。

ちょっとややこしくなってきましたね( ̄▽ ̄)

説明書きより、まとめた方が読みやすいと思うので、ビジネス向けについてまとめます。

  • 企業案件を扱う
  • 企業などとコラボ
  • 金銭が発生せず無料で商品を受けとり紹介する
  • 会社の宣伝になる動画 (PR)
  • サービスの宣伝になる動画 (PR)
  • 社内研修用などの動画 (教育用)
  • 工場などで利用するマニュアル動画

・・・など

上記に当てはまるものは全てビジネス向けになります。

簡単に言うと、会社の表側や裏側などであっても「利益につながるもの」に関しては全てビジネス向けという感じ(=゚ω゚)ノ

(個人で広告収益のみの目的の人には関係なし)

うぅ〜ん…ややこしいですね。
個人もビジネスも全部まとめてくれよ!という感じですね( ̄▽ ̄)

学生・教職員向けについて

教職員の人が「学生に向けた教材動画」や、学生が「サークルや学校で利用する目的」としている人向けになります。

たとえば、学校で部活の動画を見せるときや勉強や趣味などの時に利用する動画などはこのプランになります。

ただ、そこで広告収益が発生し始めた場合はどうするの?

と思うかもですが、学生・教職員向けのプランでも広告収益が発生しても問題なく利用できます。

利用範囲は個人向けと同じ感じ(=゚ω゚)ノ

なので、企業案件を受ける場合とかはビジネスプランに切り替える必要があります。

まとめるとこんな感じ。

  • 学生向けの教材動画の作成
  • サークルや部活・勉強目的

※ 広告収益を受け取るのはOK

という感じです。

以上で個人・ビジネス・学生(教職員)についての説明は終わり(=゚ω゚)ノ

個人向けとビジネス向けどっちを選ぶべきか?

個人向けとビジネス向けで迷う人が多いと思うので、簡単にまとめておきました。

※ YouTubeに公開することを目的とした前提です。

「個人受け向け」を選んだ方がいい人

  • 個人で広告収益のみを目的
  • 趣味として動画を公開
  • 企業案件などを受けない人
  • 商用目的ではない(販売など)

要するに広告収益のみの人は個人向けですね。

「ビジネス向け」を選んだ方がいい人

  • 企業案件を受けたりコラボする人
  • 第三者から商品を受け取り動画内で紹介する人
  • 商用目的

要するに企業案件などを受けたい人はビジネス向けですね。

おすすめは個人向けの「ライフタイムプラン」

理由としては、まずライフタイムプランだと買い切りで、永久に利用できるのはありがたいですよね。

次にビジネスではなく、なぜ個人向けがおすすめなのかは以下でまとめてみました。

  • そもそも企業案件の話が来るかわからない
  • 企業案件が来た時にビジネス向けにすればいい

簡単に言ってしまえばこんな感じですね。

企業案件などを受けるようになった時に、個人向けからビジネス向けにプランを改めて変えればいいだけなので、いますぐにビジネス向けにする必要はないかなと。

【注意】Filmora9では商用目的で利用できないエフェクトがある

freepik-15767

ちょっとややこしいですが、個人向けとは違いビジネス向けでは利用できないエフェクトがあります。

簡単に解説します。

Filmora9で商用利用できるもの/できないもの

Filmora9に標準装備として内蔵されているエフェクトや、追加料金を払うことで利用できるエフェクト(Filmstocks)などに関して、個人向けとビジネス向けの利用について違いを説明します。

個人向けの場合

個人向けであれば好きなだけエフェクトを使ってYouTubeで動画をアップしても問題なしです。
※ Filmora9に内蔵されている音楽・BGM・サウンド等もOK。

広告収益が発生するしないに関わらずFilmora9に内蔵されているエフェクトは利用しても大丈夫です。

とはいえ、Filmora9以外の外部のエフェクトを利用する場合は注意が必要。

ビジネス向けの場合

ビジネス向けの場合は利用できないエフェクトがあります。

以下を参考にどうぞ。

  • 音楽
  • BGM
  • 効果音

Filmora9に内蔵されている上記に関しては全てビジネス向けでは利用できなくなるので注意が必要(=゚ω゚)ノ

ただし、Filmstocksなどで配布している素材に関しては利用可能。
※ 爆発・炎・地雷などの特殊なエフェクト27種類は使えない。

あ、、ちなみに「Filmstocks」ってそもそも何??

と思った方のために簡単に説明しておきますね。

FilmstocksはFilmora9などで利用できるエフェクトで、動画・サウンド・画像などを購入することでFilmora9に追加して使うことができます。

新規のエフェクト(素材)を販売してるお店的な感じ。

以上です。

そもそもなんで商用利用ができないの?

結論は、著作権の問題になってくるので商用利用はできないです(=゚ω゚)ノ

要するにこんな感じ。

, エフェクトの製造側
   ↓(提供)
, Filmora9
   ↓
, ビジネス向けでは商用利用できない

という感じで、この辺はエフェクトの製造側とFilmora9の会社との契約上の問題で、ビジネス向けでは商用利用できないという決まりのようです。

個人向けであれば、好きなだけエフェクトを利用可能。

まとめ:Filmora9でYouTubeで収益化するなら個人向けからでOK

freepik-113

最後にまとめると、ほとんどの人は以下のような流れだと思うので「個人向け」でいいのかなと思います。

, Filmora9を使って動画編集
   ↓
, YouTubeにアップ
   ↓
, 広告収益を得る

企業案件などは毎回もらえるわけでもないと思うし、そもそも知名度や登録者数も多くないと、案件なども来ないと思うのでビジネス向けは必要ないと思います。

そもそも企業案件はハードルが高い( ̄▽ ̄)

万が一企業案件などが来た時には、その時にビジネス向けにすればいいだけですよ( ✌︎’ω’)✌︎

ということで終わりにします。

長文になってしまい疲れたかと思いますが、最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

あ、、最後に一言だけ言うと、今回の内容に関してはあくまでも「Filmora9」の商用利用についてなので、他の動画編集ソフトを使う場合はそこのメーカーから確認しましょう。

おわり。

Filmora9の購入に関する内容については下記の記事を参考にどうぞ。

当ブログではサイト運営に役立つ便利機能やHOW TOをご紹介中(^_^)v

Twitterもやってるので「フォロー」または「いいね」していただけると喜びますm(_ _)m
☞ yasu_shigemoto

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【5社】

                                                                   

Resources