ロゴ

【事実】稼げない人の特徴は、すぐに質問をする人です【バカでもOK】

LIFE

〜今回のひとこと〜
質問の仕方で、答える側に悟られる

こんにちは YASUです。
ブログを頑張ったら毎月4万pv(アクセス)以上、集まるようになりました。

ということで、本題に移ります。

TwitterやYouTubeのコメントを見ていると「ググれば分かる」ことでも、質問してる人がいますが、ぶっちゃけそういった方は「稼げない」と思います。質問するということは「相手の時間を奪う」訳で、答える側の人は成果を出すために勉強してきた人ですよね。僕もすぐに質問する側でしたが、改善することができました。

上記の内容を深掘りします。

今回は「稼げない人の特徴」について書いてみました。
僕もまだまだなんですが、調べていると、わりと共通してることが多かったです。

稼げない人の特徴は、すぐに質問をする人です

freepik-horror-concept-man

結論としては「すぐに質問する人」はNGだと思います。

すぐに質問する人 = 思考停止

まさに仕事ができない人の特徴を突いてるツイートが、下記だと思います。

上記はWebコンサルでも有名な方で、ブログでは、最高月間200万pv(アクセス)を達成されている方のツイートです。

まさに、その通りだなと思いました。

質問することで、相手の時間を奪う

当たり前ですが、質問回答には時間がかかりますよね。

質問を答える側のことを考えると、その人はおそらく「成果を出すために、過去に勉強して、知識を身につけてきた」という背景があります。

そういった優秀で勤勉な人にいきなり質問をして、答えてもらうのって、、どうなんでしょう。

質問がなんでも、悪いわけではない

とはいえ、質問の仕方(内容)によっては、ありだと思います。
例えば、下記のとおり。

  • ダメな質問①:ググればすぐに分かることを聞く
  • ダメな質問②:他人に決断を求める質問
  • 良い質問:ググっても分からない質問(論理的な質問)

上記のとおり。
そして、TwitterやYouTubeのコメ欄を見ていると、大半の質問は「ダメな質問①・②」が多く見受けられますね。

例えば「〇〇と△△なら、どっちの方がいいですか?」とか「今から始めても、大丈夫ですか?」とかです。完全に自分の意思ではなく、相手に自分の人生を決断させていますよね。

つまり、質問が多い人はスタートラインに立っていないことも事実です。

  • 稼げる人の特徴:独学で基礎学習し、内容を理解している。
  • 稼げない人の特徴:独学をしていない。基礎も理解していない。

上記のとおり。

なので「なにかで頑張りたい」と思っているなら、まずは「他人に質問する前に、自分なりに調べて、最低限の基礎学習はしておくべき」です。

入門書などを買って、自分なりに実践してみて、ちょっと理解する感じですね。

昔の僕は、質問しまくりの雑魚でした

昔の僕は、圧倒的に雑魚でした。
というより、めちゃくちゃいろんな人に質問しまくって、1度だけ2時間くらいみんなが仕事してるオフィス内で怒られたこともありましたね…。

当時の僕の考えとしては「分からないものを、ずっとそのままにして、無駄に時間だけが過ぎていくのが嫌だった」からです。なので、分からないと思ったら、すぐに知ってる人に質問してました。

その時は「相手の時間を奪ってる」という考えもなく、とにかく自分のやるべきことを早く終わらせたかったという考えでした。最低ですね。

そして、当時、会社の上司に教えられたことが下記の通り。

  1. まずは最低でも10分くらいは自分なりに調べる。
  2. それでも、分からないなら、要点をまとめた上で質問する。
  3. 理解できたら、メモなどを取り忘れないようにする。

上記のとおりです。
深く反省して、いまでは完全に改善してます。

大切なことは「時間はお金」ということ

有名な言葉のとおり「Time is money」(時は金なり)ですね。
優秀な人ほど、時給が高かったりします。

例えば、優秀な人の時給が30,000円とかなら、あなたの質問回答に対して、たとえ5分くらいだとしても、質問のコストは「約2,500円」もかかるわけです。

つまり、ググれば分かるような適当な質問により、相手側が2,500円を失ってしまいます。

まずは、自分でググって調べてみる

繰り返しですが、まずは自分なりに調べることが大切です。

スキルを身につけるなら、参考書を1冊ほど買って、基礎学習しましょう。
例えば、ブログを学びたいなら「ブログ 始め方」とかで検索したりして、そこから、ブログを立ち上げ、実際に記事を書いてみるとかです。

「分からないことが、分からない」場合

昔の僕もまさに「分からないことが、分からない」という状態でした。
たぶん、ここは共感できる人もいるんじゃないですかね。

その場合は、まず「自分は何が分からないのか…」を、徹底的にメモ帳でも良いので、書き出します。そして、疑問点を一つ一つ明確にして、そこで初めて優秀な人に相談し、サポートしてもらえば良いかなと思います。

昔、上司の方に「質問の仕方」について、こんな感じで教わりました。
これが習慣化するようになれば「質の高い質問」ができるようになってきますよ。

稼げない人がやるべきことは、行動です

freepik-businessman-walking-up-on-stairs

いきなり質問するのはNGですが、僕も20代の頃はずっと知りませんでした。

では、なぜ知らなかったのか?
それは「行動が足りなかった」からです。

行動して、優秀な人に会う

ここは間違いないと思いますが、身近に優秀な人が集まると、たぶんあなたは稼げるようになると思います。そして、その逆だと、厳しいです。

例えば”類は友を呼ぶ”ように、お金持ちの側にはお金持ちが集まり、優秀な人には優秀な人が集まります。そして年収が近い人同士が集まることが多いです。

なので、稼ぎたいという思いが強ければ、実際に稼いでる人の側に自ら行動し、近づいていくべきです。

優秀な人ほど、マーケティング思考があり、物事を論理的に考えたりしていて、世の中で「伸びてる分野」とかを察知していたりします。

僕の父親も当時28歳の頃に会社(有限会社)を作ったみたいですが、当時の話を聞くと、ある会社の今だと会長にあたる人に会いに行き「これから伸びる分野」を教えてもらい、そこでノウハウを身につけ、地元(熊本)で会社を作り、月に100万円を超えるくらい稼いでいました。

今でこそ当たり前にどの家庭にもありますが、当時はまだどの家庭にもなかった「ウォシュレット付きのトイレの販売、設置」の仕事です。

このように、優秀な人のところにいると「伸びる分野が分かる=稼げる」とも言えます。

僕のオススメは、ITのベンチャー企業

僕の体験では、ITベンチャー企業は優秀な人が多かったです。

若くても、給料が上がっていく業界ですし、僕も30歳を過ぎてからITベンチャー企業に入ることができましたが、マジで優秀な人が多過ぎて「ちょっと場違いなところに来てしまったかも」と思うほどでした。そして多くを学ばせてもらうことができました。

その時に「質問しまくるのは、ダメだよな…」ということに気づきました。
そのおかげ、今があります。

行動しつづければ、稼げるようになる

僕はまだまだ雑魚ですが、会社に所属しなくても、稼げるようになります。
そして、独学でも稼げます。

ブログにせよ、プログラミングにせよ、動画編集にせよ、FXにせよ、わりと独学して自分なりに、検証と改善をしてる人が、伸びていると思います。

ぶっちゃけ、独学だとシンドイ時期もたくさんありますが、とはいえ「スキルは積み上げ式で伸びていくので、そのうち稼げる」という感じです。

だいたい半年とか1年くらいすれば、成果は出てきますよ。

頭の良し悪しは、関係ない

よく聞く話で「稼いでる人=頭が良い」と言われていますが、、確かにそれもあると思いますが、少し違うかなとも思います。

わりと、経営者になってる人の多くは「頭が悪かった人」が多かったりします。僕がいうのもなんですが、僕の父もめちゃくちゃ頭悪いですが、ネットが普及していない時代で月100万円以上稼いでいました。僕もめちゃくちゃ頭は悪いです。たぶん偏差値40とかですね。僕に至っては、特待がなければ、中卒でした。

そして、経験から思うのは「学校でいくら勉強ができても、たぶん稼げない」です。

学歴は良くても、お金を稼ぐための勉強はしていませんし、社会人になってからお金を稼ぐための勉強をする人もほとんどいません。

あと、99%の人は「行動」しません。仮に行動しても、失敗したらすぐに諦める人の方が多く、たぶん「1回行動したら、成功する」と勘違いしてると思います。正しくは「10回くらい行動したら、1回だけ小さな成功をする」です。

なので、ある意味バカになって、愚直に行動をし続けないと結果なんてでません。
そこで、継続しつつ、改善です。

まずは、とにかく行動しよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
僕のブログではよく「行動しよう」と言っています。

そして、行動することで、大きなメリットがあります。

行動しまくれば、優秀な人に会えるチャンスが増える。

上記のとおり。
僕は21歳の頃に熊本から東京に上京しましたが、それ以降アホみたいに行動しまくったことで、優秀な人にもたくさん会えました。

アホみたいに後先考えずに行動していると、優秀な人には”珍しい人”と思ってもらえるんですよね。そして、経営者の方とかとも二人で話をさせてもらうこともできました。

なので、まずは愚直に行動しまくると良いと思います。
そして優秀な人に近づきましょう。

おわり。

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources