ロゴ

(更新日:

【メリットだけじゃない】動画編集コース:テックアカデミーのデメリットは2つある

SCHOOL VIDEO

〜今回のひとこと〜
AIにはない人間の良さがある…想像力を磨こう

こんにちは YASUです。

テックアカデミー「動画編集コース」のメリット・デメリットについてご紹介します。

その他、おすすめできない人についてもご紹介。

動画市場が伸びてきている中で、動画編集の需要も高まってきていますが、それにちなんで、独学またはスクールに通って動画編集を学ぶ人も増えてきていますね。今後は誰でもできるような簡単な編集はAIに任せる時代になっていきそうなので、もっと個人のスキルを高めていきましょう。

ということで、本題に移ります。

テックアカデミー-動画編集コース

今回のテーマは「テックアカデミー × メリット × デメリット × おすすめできない人

本記事の内容

  • 【動画編集コース】テックアカデミーのデメリットは2つ
  • 【動画編集コース】テックアカデミーのメリットは4つ
  • 【動画編集コース】テックアカデミーがおすすめできない人
  • まとめ:受講料以上にコンテンツの質が高い

テックはプログラミングだけじゃないよ(=゚ω゚)ノ

【動画編集コース】テックアカデミーのデメリットは2つ

freepik-117(1)

2つあります。

  1. 料金が高い
  2. 教材費がかかる

この2つくらいでした。

1, 料金が高い

料金-プラン-テックアカデミー
料金 – プラン

プランは3つあります。
※ 料金や内容は改定されている場合があります。

・4週間プラン:174,900円 (税込)
・8週間プラン:229,900円 (税込)
・12週間プラン:284,900円 (税込)

カリキュラムやサポート体制は充実していますが、正直高いですね。

分割(6,625円〜)にすればなんとか払っていけそうですが、それでもやっぱり高い..。

そこで疑問に思うのは、、、

「なんで他のスクールよりも高いの・・・。」

と思いますよね。

合ってるかは分かりませんが、ズバリ高い理由はこれかなと…。

・週2回のマンツーマンレッスン
・専属メンターによる受講者に合ったスケージュール管理

要するに「講師代」がかかるため、料金が他のスクールより高いと思います。

他のスクールでは毎週2回もマンツーマンレッスンをやってるところはありません。

個別指導が不要で、チュートリアル動画を見ながら学習を進めるだけでいい方は他のスクールがおすすめ。

2, 教材費がかかる

TechAcademy-教材
学習に使用する書籍

上記の教材と動画を使って学習を進めていきます。

教材は受講料とは別途料金でご自身で受講開始までに購入しておく必要があります。

ちなみに教材はAmazonやKindleで販売されています。

卒業後でも復習として使えますが、自分で用意しないといけないのは痛い失費ですね。

個人的には、受講料に含んでいて欲しい….。

以上です。

テックアカデミーではカリキュラムもサポート体制も充実していたので問題は料金だけですね。

【動画編集コース】テックアカデミーのメリットは4つ

freepik-17(1)

たくさんありますが、以下4つに絞りました。
※ 他のスクールにはないテックの強み。

  1. 週2回のマンツーマンメンタリング
  2. 割引情報が豊富
  3. 受講前に詳細を確認できる
  4. Adobeソフトが3ヶ月無料

1, 週2回のマンツーマンメンタリング

パーソナルメンター制度-テックアカデミー
パーソナルメンター制度

ビデオチャットで質問しながらのサポートを受けることができます。

・週2回:1回30分のビデオチャット

他のスクールでもZOOMを使った個別サポートなどはありますが、毎週2回のビデオチャットはテックアカデミーくらいです。

ヒアリング-テックアカデミー
パーソナルメンターとの学習の進め方

ヒアリングをして一人ひとりにあったサポート内容のカスタマイズもしてくれます。

  • 自分に合ったサポート内容にカスタマイズ
  • 専属メンターからの宿題
  • 学習スケジュールの管理・調整

進捗やレベルに合わせて専属メンターの方が都度宿題を出してくれます。

スケジュールの管理等も専属メンターが行ってくれるので、受講生は学習にコミットできますね。

2, 割引情報が豊富

先割-トモ割-テックアカデミー
先割 – トモ割

常時、受講料がお得になる割引をご紹介されています。

・先割:受講料8%OFF
・トモ割:10,000円の割引

その他「説明会動画(無料)」を視聴するだけでも割引特典を受け取ることができます。

説明会動画(割引)-テックアカデミー
説明会動画 (無料) – 受講料10,000円引き

・割引特典:受講料10,000円引き

詳細は【動画編集コース】テックアカデミーの無料説明会動画を利用してみた【特典付き】の記事にまとめています。

3, 受講前に詳細を確認できる

無料説明会動画-動画編集コース-テックアカデミー
無料説明会動画

学習の流れについて詳細を確認することができます。

確認する方法は2つ。

  • 説明会動画(無料)を視聴する
  • 公式ページのチャットから質問する

公式ページのトップページよりチャットで質問することができます。

気になることがあれば、受講前に質問しておきましょう。

【テックアカデミー】受講の流れと必要なものについて【動画編集コース】の記事にチャットで質問した内容をまとめています。

4, Adobeソフトが3ヶ月無料

Adobe社のサポート
Adobe社のサポート

Adobe Creative Cloud コンプリートプランを「3ヶ月分無償提供」してもらうことができます。

ちなみに、、、

Creative Cloudは通常「月額:6,248円(税込)」

3ヶ月分を無償提供してもらえるので「18,744円(税込)もお得」というわけです。

Adobeソフトは本来なら受講料とは別に、ご自身で購入する必要があります。

基本的にどの動画編集スクールもご自身で購入するパターンです。

なので「受講料 + Adobeソフト代」がかかってしまいます。

受講料が安いスクールでもAdobeソフト代を含めると、結果的に料金が高くなる。

テックアカデミーの受講料は高いですが、割引やAdobeソフトの無償提供などがあるためお得に受講することができます。

【動画編集コース】テックアカデミーがおすすめできない人

freepik-1266

おすすめできない人は下記に当てはまる人です。

  • 低価格で動画編集を学びたい人
  • マンツーマンレッスンが不要な人
  • Premiere Pro以外のスキルも身につけたい人
  • オンラインだけではなく、通学して学びたい人

・・・など。

逆に上記に当てはまらない人にはテックアカデミーはおすすめです。

割引などを上手く活用し、月額払いにすれば誰でも受講できると思います。

あとは受講後スキルを活かして仕事に繋げれば、受講料も回収できますね。

まとめ:受講料以上にコンテンツの質が高い

ということで今回は以上です。

テックアカデミーの動画編集コースのメリット・デメリットについてご紹介しました。

料金は高いと感じるかもですが、カリキュラムやサポート体制は充実しています。

受講後に仕事に繋げていけることができたら元以上にリターンは大きいですね。
スキルは一生もので、自分次第でどんどん磨きをかけていけるので。

動画編集の需要も高まり、今後は益々盛り上がってくると思います。

その時に自分がその波に乗れているか、、、今後の自分の行動次第ですね…。

おわり。

当ブログではサイト運営に役立つ便利機能やHOW TOをご紹介中(^_^)v

Twitterもやってるので「フォロー」または「いいね」していただけると励みになりますm(_ _)m
☞ yasu_shigemoto

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources