ロゴ

【選び方】動画編集スクールを他社と比較するときのポイントは3つ

SCHOOL VIDEO

〜今回のひとこと〜
他社と比較しまくれば「違い・特徴・強み」が見えてくる

こんにちは YASUです。

動画編集のスキルを身につけ「仕事に繋げていきたい方向け」です。

今回は動画編集スクールの『選び方』について3つのポイントをご紹介します。

「動画編集スクールは結局どこが自分に合ってるんだろう…?」

という方は参考にしてみてください。

僕自身、ブログ・動画編集をメインに1日のほとんどを家の中(布団)で生活していますが、動画編集スクールに問わず、過去にはプログラミングスクール、ECC(英会話)などを利用して100万円以上の自己投資をしてきました。その中でもスクール選びなどで失敗した経験もあったので今回記事にしています。

ということで、本題に移ります。

今回のテーマは「動画編集 × 選び方 × ポイントは3つ × おすすめの動画編集スクール

本記事の内容

  • 【他社比較】動画編集スクールを選ぶためのポイントは3つ【選び方】
  • 【オンライン】おすすめの動画編集スクール【6選】

【他社比較】動画編集スクールを選ぶためのポイントは3つ【選び方】

freepik-43(1)

冒頭でもお伝えしましたが、「仕事に繋げていきたい方向け」です。

選び方のポイントは以下の3つ。

  • ポイント①:動画編集スキル以外で学べること
  • ポイント②:案件の取り方
  • ポイント③:卒業後のサポート体制
  • おまけ:運営者情報の確認

順番に説明していきます。

始めにどのスクールでも共通しているカリキュラムの内容についてご紹介します。

はじめに:スクールに共通している内容はこれ

以下の項目については基本的にどのスクールも似たり寄ったりです。

  • 学習の進め方(録画された動画を見ながら進める)
  • 基礎〜応用までのチュートリアル
  • チャットサポート
  • 現役クリエイターのサポート
  • プロの添削

上記の項目でスクールを比較、選ばないほうがいいです。
※ 調べた限りでは、基本的にどのスクールにもあるので特別ではない。

これで比較するべきところがより絞れてきます。

下記で選ぶポイントをご紹介していきます。

ポイント①:動画編集スキル以外で学べること

どのスクールとも共通しているところ以外を公式サイトから探します。

要するに、そのスクールの「特徴」や他社にはない「強み」の部分です。

例えば以下です。

  • 割引情報
  • 就職・転職サポート付き
  • 副業・フリーランス向けの講座付き
  • マンツーマンでのレッスン付き
  • 卒業後のサポート体制
  • 案件の紹介

・・・など。

スクールによって、動画編集スキル以外のサポートが必ず用意されています。

この辺については、スクールによって様々です。

そこが、スクールの特徴であり、強みになる部分ともいえます。

他社と比較するときには、動画編集スキル意外のところに目を向けてみるといい。

ポイント②:案件の取り方

案件の取り方の講座が付いているか、または案件を紹介してくれるか。

ゴールは編集スキルを身につけて「仕事に繋げて対価を得る」ためですよね。

なので、案件の取り方なども講座に入っているものを選んだほうがいいです。

動画編集の学習内容だけではなく、実際に案件をとっていくための講座も含まれているかをカリキュラムからチェックします。
※ カリキュラムは各スクールのサイトに記載または資料請求すれば受け取れます。

ポイント③:卒業後のサポート体制

受講中のサポートがあるのはもちろんですが、、、

卒業後のサポートがあるのかもチェックします。

卒業後は自分の力で仕事を取っていく必要がありますよね。

正直、いざ身につけたスキルを活かして仕事に繋げていこうと思っても、なかなか思うようにいかないものです。

そんなときに卒業後も仕事に繋げていくためのサポートがあるのかも調べておきます。

例えば、下記です。

  • オンラインサロンの招待
  • 受講者限定のコミニュティへの招待
  • 卒業後のチャットサポート
  • 案件の紹介

・・・・など。

スクールによっては卒業後に、上記の内容をご紹介しているところもあります。

おまけ:運営者情報の確認

僕の場合ですが、運営者がどんな人なのか調べることもあります。

運営者自身がYouTubeなど、動画で情報発信されている方などのスクールは信用しやすいため。

例えば、クリエイターズジャパンの運営者の方だったり、プログラミングスクールでは、マコなり社長だったり、積極的に運営者が動画配信をされているところには、リアルな口コミも多いので、スクールを利用するにあたって参考にしやすいです。

ということで、、、

これまでの選び方を元に、おすすめのスクールを下記でご紹介していきます。

【オンライン】おすすめの動画編集スクール【6選】

freepik-47_ZWR1Y2F0aW9uLWNvbmNlcHQ

どうしても迷った方は参考にしてみてください。

※ リンク先はレビュー記事へ移動します。
ヒューマンアカデミーとデジタルハリウッドのみ公式サイトへ移動。

個人的にはクリエイターズジャパンがおすすめです。
選び方をご紹介してきましたが全て当てはまり、料金に関しても良心的です。

とはいえ、その他のスクールもそれぞれ特徴があるので、チェックしてみてください。

これからの時代に合うように、全て「オンライン」で学べるスクールに絞っています。

別の記事で詳細をまとめているので参考にしてみてください。

まとめ:スクールを利用した方が仕事に繋がりやすい

ということで今回は以上です。

動画編集スクールの選び方についてご紹介してきました。

動画編集はホットなスキルで、市場も伸び続けているので、一生もののスキルとして身につけておいて損はないと思います。

とはいえ、一点だけ頭に入れておいて欲しいことがあります。

動画の市場が伸び続けていると同様に、動画編集をする人も増えてきています。

逆にライバルも増えてきているということです。

そこから先を読み逆算して考えると、今後は動画編集の基礎スキルだけを持っていても、稼ぐことは難しくなってくると予想できます。

YouTubeとかもそうですが、結局は早く始めて続けた人が結果を出しやすいです。

動画編集も同じだと思います。

早く始めて実績を積むことで、後者に「経験と実績の差」をつけることができます。

経験や実績がある人ほど信頼もされやすく、仕事を受注していく上で優位に立つことができます。

始めるなら早いに越したことはないですね。

おわり。

当ブログではサイト運営に役立つ便利機能やHOW TOをご紹介中(^_^)v

Twitterもやってるので「フォロー」または「いいね」していただけると喜びますm(_ _)m
☞ yasu_shigemoto

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources