ロゴ

仕事ができない自分に『将来の不安』を感じている20代のあなたへ

LIFE Work

〜今回のひとこと〜
人の世に道は一つということはない

こんにちは YASUです。

20代の頃だけで10回以上引っ越しを繰り返しました。
同等に転職も繰り返し、今はずっとブログ書いてます。

仕事ができない自分に『将来の不安』を感じている人は、その仕事に合っていないだけだと思う。将来に不安を感じてるなら一社に限らず二社、三社と転職してみるべきですね。僕はだいたい1〜2年を目処に転職を繰り返してきたおかげで自分に合ったものに出会えました。20代の頃なんてリスクなんてないので。

今回は『20代で将来の不安を感じている方向け』に書いています。
結論、行動して環境を変えていきましょう。

将来に不安を抱える『20代のあなたへ』

fantasy-4401089_1280

仕事ができないと思うなら転職を繰り返しましょう。
若さは最強です。

仕事にも向き不向きがある

現在の僕は33歳です。

冒頭でも言いましたが、20代の頃は引っ越し・転職を繰り返してきました。

正社員として働いたことは一度もないです。

勉強なんて人生でほぼやってこなかったし、仕事を覚えるのも遅い方で失敗も多かったです。

今の仕事が上手くできないなら転職を繰り返し、自分に合った仕事を見つけるだけ。

自分に合った仕事とは、意識的な努力ではなく、無意識に努力をしているものです。

失敗の数 = 経験の数 = 財産になる

なにをしてもいいと思います。

20代前半の頃の僕は「圧倒的な労働」という選択をしてきました。

バイトを掛け持ちして1日17〜18時間労働、仕事の移動時間も含めると睡眠は2〜3時間程度。
月の休みは2回あるかないか。

当時の僕の考えでは「頭が悪くてなにもできなくても、俺は日本一働いてる男

、、と思ってました。

過労死しそうなこともありましたが、大丈夫です。生きてます。

» 参考:「向いていない仕事を続けるべきか」僕は辞めました。でも勉強しないと詰みます

一社の経験より十社の経験

一社二社だけで、「自分は仕事ができない」「他の人よりなにもできない

、、と不安になっちゃダメですよ。

仕事ができないのではなく「自分に合っていなかった」という一つの『発見』なので。

この発見、気づきを増やしていくことで、本当に自分に合ったものに出会うことができますよ。

僕は10年かけて「これだ!」という自分に合ったものに出会えました。

行動していれば転機が訪れる

肉体労働・転職ばかりを繰り返してきた僕にも人生の転機が訪れました。

28歳の時にスペイン(バルセロナ)に半年間、語留学していた時です。

世界中から集まって来た10代の子全てがパソコンを当たり前のように使えていたことです。

留学中に最も衝撃を受け、自分の中で「危機感」を強く感じた瞬間でした。

これから先の自分の未来を想像しました。

「パソコンが全くできないまま30代、40代になっていったら俺は人生を詰む事になる」

そう思い、、帰国後、すぐにパソコンを買い自ら初めて勉強しました。

この辺について話すとめちゃくちゃ長くなるので、プロフィールを参考にどうぞ。

まとめると「すぐに環境を変えましょう」ということです。

不安は簡単に壊せる

21歳でサッカー選手になる夢を失い、将来に不安を抱えていました。

唯一、21年間勉強もろくにせずサッカーだけをやってきた自分の強みであるものを失い、挫折した先にはなにも将来が見えず「あぁ…自分の人生は終わった…。」と思っていました。

そして「ニート生活の始まり」。。。

当時は落ちるとこまで落ち、精神が崩壊寸前でしたね。

怖いものがなくなり、行動し続けたら不安は壊れた

当時の僕は、勉強もろくにできなかったのでこんな感じでした。

1, 興味が少しでも湧いたものからまずやってみる
   ↓
2, やっぱり違うと思ったら辞めて別のことをやる
   ↓
3, ひたすら上記を10年間繰り返す

このマインドで引っ越し・転職を繰り返し、とにかく行動しました。

頭が悪く仕事が人より劣っていても「行動」することは誰でもできます。

僕の場合は行動まで失っていたら多分この世に既にいなかったかもしれない。

仕事ができない自分に将来の不安を感じているなら「問題は環境」です。

「場所・仕事・付き合う人」を変えたら人は変われますよ。

僕は転職が多かった分、出会いが多く人に恵まれてました。

【悲報】将来に対する不安を取り除くには『行動』するしかない

light-3920898_1280

自分で行動し環境を変えるしかないです。
何度も繰り返しウザいくらいですがこれが事実…。

今の自分は過去の自分が作り出したもの

上記の通りです。

今の自分があるのはこれまでの自分が作り出して来たものです。

大前提として、仕事ができない(自分に合っていない)ものを続けていても、歳を重ねていくにつれ、今よりもっと将来に不安を抱えていくだけです。

ここからは少し母親の話になります。

現在63歳にして40年ほど続けてきた保育士の仕事を辞め転職しました。

定年まで残り2年ほどあり、職場の人にはめちゃくちゃ引き止められたそうですが。

2年後に訪れる定年後の危機感

頑張っていても収入は減る一方で、このまま定年まで待ち、そこから再就職を探すとなれば、今よりもっと仕事の選択肢も減り、雇ってもらうことすらできなくなるかもしれない・・・。

という2年後の「自分の未来を強くイメージ」したことで、行動に移ったそうです。

人によっては「遅すぎるだろ」と思う人も少なくはないと思います。

でも一般的にはこんな感じで、普段から行動していない人にとっては頭で分かっていてもすぐに行動に移すことができず、何年も働き続け『危機感を強く感じた時』初めてアクションを起こすものです。

仕事ができない不安を感じ始めた時は、行動を起こすタイミングでもある。

未来の自分は今の自分次第

過去の自分が今の自分を作り出したなら、未来の自分は今の自分次第です。

全ての労働は自分のために…

ということで今回はこれくらいにしておきます。

僕の過去の話ばかりでしたが、環境を変え続けると、自分に合ったものにいつかで会う時が来ます。

その時に「これだ」というものが不思議と分かりますよ。

僕は10年以上かかってしまいまいましたが、当記事を書いてるブログや動画編集などにやりがいを感じています。

過去の自分では想像もできなかったことです。

どちらも30歳をすぎてから出会いました。

100人いたら100人全員必ず「夢中」になれるものに出会えますよ。

時間は有限なので、自分のために労働、スキルUP、好きな時間、好きなこと、をやっていける人生を目指していきましょう。

最後に副業を始める際の参考リンクを貼っておきます。

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources