ロゴ

【効率的に削る】あまり稼がない、幸せな生き方とは【生き方論】

LIFE

〜今回のひとこと〜
金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない人間である

こんにちは YASUです。

会社を辞め、独立してからは全然お金を使っていません。
僕の場合は使うお金もあまりないんですが、生活費は10万円くらいです。

ということで、本題に移ります。

冷静に考えても、あまり稼がなくても幸せな生き方はできると思います。とはいえ、日本だと「手取り15万円じゃ生活できない」みたいな風潮があるので、皆さん働きすぎます。例えば、月15万円で、家賃2万円、食費3万円で、その他10万円で、十分幸せじゃないですかね。時間も有意義に使えるし、田舎でのんびり暮らす方が僕は幸せですね。

上記の内容を深掘りします。
稼ぎまくるより、効率的に削る、生き方論について書いてみました。

あまり稼がない、幸せな生き方の話

freepik-rural-landscape-romania

幸せの定義は人それぞれですが、僕にとっての幸せは月15万円あれば十分手に入ります。一人暮らしするなら、これくらいでも幸せです。

幸せに生きたいなら、必要最低限で十分

昔の僕は逆でした。
常に「もっと稼がないと・・・」という感じで、毎日残業も自分から率先してゴリゴリに働いていました。

良い時は月50万円以上いくこともありましたが、毎日残業もしていて、掛け持ちもしていたので、圧倒的に疲労していて、消耗でした。

生活レベルを下げたときの景色

僕は熊本→東京→熊本という感じで、現在は都会を離れ、熊本の田舎の方に住んでますが、ぶっちゃけ東京でバリバリ働いていた時と比べ、逆に働かない働き方をしています。

基本的に、ほぼ毎日家の中で生活していることが多いのですが、最近思うのは「そんなに、頑張って働く意味はないんじゃないか…」と気づきました。

今では「ストレスのある仕事を削除」した生き方をしています。

仕事量を減らしたら、幸福度が増えた

ストレスのある仕事を削除したら、残ったものは「わりと楽しい仕事のみ」でした。

例えば、そのうちの1つがブログやアフィリエイトでした。ブログも頑張ったら、毎月たくさんの方に見てもらえるようになり、今では月4万pv(アクセス)以上集まるようになりました。最近だと、FXなどにもハマっており、やりがいを感じています。

わりと好きなことだけを頑張ると、少しずつですが、成果にも繋がってきてくれます。

長期視点で考えると、生きやすい

もう一つ大切なことは「長期視点で考えることができる」という点です。
例えば下記のとおり。

  • 昔の僕:1ヶ月後の収入を考えて、行動する
  • 今の僕:1年後の収入を考えて、行動する

上記のとおり。

会社で働いていた時は、1ヶ月後の給料のことを考えいつも働いていました。

しかし、生活費も下げまくったら「とりあえず、生活はなんとかなるな、1年後に向けて種を仕込むか」という感じです。

もっといえば、僕は5年、10年後に向けて動いてます。
そして、現在だと残り6年後のための行動をしています。

お金がなくても幸せ、、ではない

ちょっと余談ですが、昔の僕は「人生はお金が全てじゃない」と思い「お金がなくても、幸せになれる」と思っていましたが、結論として「勘違い」でした。

お金がないと、余裕もない

貯金も底をつき、収入も途絶えていた頃の僕は下記のような感じでした。

  • 人と関わりを持ちたくない
  • ストレスも溜まりやすい
  • お金に対する不安が常にある

例えば上記のとおり。
1年半くらい前の僕は、マジで金欠でヤバかったです。

めちゃくちゃ不幸かと聞かれたら、そうでもないんですが、、、とはいえ「お金がなくても幸せ」ではなかったです。むしろお金がないことに常に不安はありました。借金100万円の返済も残っていたので…。

健康的な生き方をするためにも、必要最低限のお金は必須です。

お金を増やすよりも、削るほうが簡単です

ここまでの話を聞くと「やっぱりお金を頑張って稼がないと…」と思うかもですが、無理して頑張りすぎても、わりと稼げなかったりします。

昔の僕は、無理をしすぎていました。時には過労死しそうなこともありました。
※20代前半の頃

いまは、あまり無理していません。
そしていつも思うのですが「削る方が簡単だな」ということです。

生活コストを、簡単に削る方法

生活コストが低い地域で暮らす。

上記のとおり。

僕の場合は地元(熊本)でした。
もっと広く見れば、海外とかもありですね。
例えばバンコクとかジョージアとか、フィリピンとかも安いですよね。

いまは、まだまだ生活が安定していないのと、病人の父親の介護もあるので、地元から離れることができていませんが、生活がもう少し安定してきたら、海外もいいなとも思っています。

現代社会で、幸せに暮らしてる人の共通点

freepik-wild-adventure-couple

偏見があるかもですが、やっぱり「在宅ワーク」かなと思っています。

在宅ワークな暮らし方をすると、楽になる

TwitterやYouTubeを見ていると、下記のような生き方が目につきます。

  • 在宅ワークしつつ、全国を旅をする
  • 在宅ワークしつつ、海外を旅をする
  • 在宅ワークしつつ、海外に住む
  • 在宅ワークしつつ、日本の田舎に住む

例えば上記のとおり。

最近だと、車中泊とかも流行ってますよね。
僕も海外に移住する前に、日本全国を車中泊しながら旅したいなとも思っています。

このように「在宅ワーク=どこでも働ける」というメリットがあるので、皆さん「コスパの良い地域」に引っ越していますよね。

どう考えても、これが最強だと思っており、コロナ禍によってさらに在宅ワークの生活スタイルが加速したなとも感じています。ぶっちゃけあと5年後くらいに増えてくるかなと思っていたのですが、時代が早く進みましたね。

そして、こういったことが日常的になってきてるので、生活費だけで20万円以上払って、東京に住む必要はないかなと思います。

税金や家賃のためだけに、働く人生になりますよ…。

世界中で、当たり前な生き方になってきてる

日本に限らず、こういった働き方は海外では普通です。
海外だと「デジタルノマド」とも呼ばれていますね。

こんな感じですね。
羨ましい限りです。

皆さん、自由に働き、ゆったり暮らしていますね。

アメリカなど物価の高い地域だと、生活費だけで月30万円とかは消えますからね。
バリ島とかなら、月15万円とか、バンコクなら月10万円もあれば、余裕で暮らせます。

方法は、効率的に削ること

生活費を下げると、生きやすくはなりますが、とはいえ「貧相な状態」で生きるのは、ちょっと微妙ですよね。僕も「ストレスが溜まるほど、生活費を削る」ということはしたくないです。

なので、常に”コスパ”を考えています。

  • 東京で月30万円で暮らす → 地元(熊本)で月15万円くらいで暮らす
  • 東京で月30万円で暮らす → バリ島で月15万円くらいで暮らす
  • 東京で月30万円で暮らす → バンコクで月10万円くらいで暮らす

例えば上記のとおり。
こういったコスパの良い地域を選ぶことで、節約せずに優雅に暮らすことができます。

こんな感じで、効率的に無駄を削ると、無理して稼がなくても、幸せに生きれると思います。

まずは、今の環境から抜け出そう

というわけで、今回はこのくらいにします。
繰り返しですが「在宅ワークは最強」だと思います。

在宅ワークができれば、自分の好きな地域を選び、思いっきりコスパの良い暮らしができますよ。これだけで人生が楽に生きれます。

なお、よく聞く言葉で「家族がいるから、そんな生き方はできない」という人がわりと多いですが、別に海外やド田舎じゃなくても大丈夫ですよ。

例えば、僕は熊本に住んでますが、九州なら福岡のちょい郊外とかもありだと思いますよ。僕の友人でも、だいたい熊本を離れる人は福岡に行く人が多いくらいです。これなら家族がいても生活していけるんじゃないですかね。

教育とかに関しても、ネットを通せば、無理に塾に通わせる必要もなく、わりとネットさえあれば完結する時代かなとも思っています。

僕もブログや動画編集、FXなど、全てYouTubeとかを見つつ、学びましたので。
教育もだんだん無料で学べる時代になりつつありますよ。

おわり。

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources