ロゴ

【Premiere Pro】LUMA FADEトランジションの作り方【サムコルダー風】

ADOBE PREMIERE PRO VIDEO

〜今回のひとこと〜
シンプルなものほど、実は奥が深く、再現させることが難しい…。

こんにちは YASUです。

今回はこんな感じのトランジションを作っていきます。

LUMA FADE Transition

これが、LUMA FADE トランジション。

今回は簡単に作りましたが、複数の動画を組み合わせたり、他の機能と組み合わせたりすることで、よりカッコいいLUMA FADEを作ることができます。

作り方を調べると、意外にシンプルだったので記事にまとめてみました。

VLOGでも世界的に有名なサムコルダーが使用

LUMA FADEは、映像クリエイターでVLOGとしても世界的に有名なサムコルダーが、使っていたことでも、有名なトランジションです。
LUMA FADEを知ってる方は、サムコルダーの動画を見て「カッコいい!どうやって作ってるんだろう..」と影響を受けた人が多かったと思います。
After Effectsを使えば、よりクオリティの高いLUMA FADEを作れるかもです。

ということで、、、

icons8-adobe-premiere-pro-240

今回のテーマは「Premiere Pro:LUMA FADE トランジションの作り方

一つ作れたら、複数の動画でも組み合わせてみましょう。(=゚ω゚)ノ

【Premiere Pro】LUMA FADEトランジションの作り方【サムコルダー風】

freepik-682

LUMA FADEを作る前に、必要な素材、使う機能をご紹介しておきます。

必要な素材・使う機能

  • 動画(素材)を2つ用意
  • グラデーションワイプ (エフェクト)
  • アニメーション (キーフレーム)

基本的に上記の機能だけで作れます。

流れとしてはこんな感じです。

1, 2つの素材をシーケンスに配置
   ↓
2, エフェクトを適用させたい素材を重ねる/設定
   ↓
3, カットした素材に「グラデーションワイプ」を追加/設定
   ↓
4, 完成

実際に作っていきましょう。

こちらの動画でも分かりやすくご紹介されているので、参考にどうぞ。

Kyohei

LUMA FADEを作る前に。。。

先にLUMA FADEを作る際のポイントを簡単にご紹介しておきます。

ポイントはこんな感じです。

  • 人が物体に触れたときに、LUMA FADE
  • 明るい景色から暗い景色の時にLUMA FADE(逆もあり)
  • 何もない景色に建物をLUMA FADE
  • 上下を覗いている時にLUMA FADE
  • 走ってる時にLUMA FADE
  • 遠くを見つめてるときにLUMA FADE

…などなど。

これらを意識してLUMA FADEトランジションを作ると、世界観を演出させることができます。

ということで、実際に作っていきましょう。

2つの素材をシーケンスに配置

クリップ配置

動画を2つシーケンス内に入れていきます。

入れ方は、上下(V1・V2)のトラックに終了・開始位置が横並びになる感じに入れておくと、次の作業がしやすくなります。

上記画像を参考にどうぞ。

ここまでできたら下記へ進みましょう。

エフェクトを適用させたい素材を重ねる/設定

クリップ – 設定

ちょっと分かりにくいと思うので、上記の動画を参考に配置・一部の素材をカットしてみてください。

1, エフェクトを適用させる部分にレーザーツール(C)を使ってカット
   ↓
2, エフェクトを適用させたい素材を重ねる。

順番はどちらからでもOK。

ここまでできたら下記へ進みましょう。

もうすぐで完成。。。

カットした素材に「グラデーションワイプ」を追加/設定

グラデーションワイプ追加

カットした部分に「グラデーションワイプ」のエフェクトを適用させていきます。

1, エフェクトの検索枠に「グラデーションワイプ」と入力し検索
   ↓
2, グラデーションワイプ を選択、ドラッグしてカットした部分に入れる

最後に、エフェクトを適用させた、素材を選択した状態で「エフェクトコントロールパネル」を開きます。

グラデーションワイプの設定

グラデーションワイプ設定

グラデーションワイプにアニメーション(キーフレーム)を打っていきます。

以下の手順で設定します。

1, カットした映像の開始位置に 変換終了 のアニメーションを ON
   ↓
2, 終了位置に変換終了の数値を「100%」に設定
   ↓
3, グラデーションレイヤービデオ1 に選択。
   ↓
4, グラデーションを反転 にチェックを入れる。

※ 開始位置「0%」終了位置「100%」

変換終了 の開始位置から終了位置の間隔は「2秒」開けてます。
※ LUMA FADEをかけてる秒数。

LUMA FADE-設定

変換終了の位置が終了(100%)以降のクリップは不要なので削除しましょう。

以上です。

実際に映像を再生してみると、、、

LUMA FADE Transition

冒頭でご紹介したように、LUMA FADE トランジションが完成。

組み合わせる動画を増やしていこう

ということで今回は以上です。

LUMA FADEトランジションの作り方についてご紹介しました。

映像はめちゃくちゃカッコいいい仕上がりですが、作り方は意外にシンプルです。

LUMA FADEにズームイン・アウトや、その他のトランジションなども加え、組み合わせる動画も増やしていくと、さらに魅力的な映像に仕上げることができます。

まずは、実際に一つLUMA FADEトランジションを作ってみてください。

おわり。

当ブログではサイト運営に役立つ便利機能やHOW TOをご紹介中(^_^)v

Twitterもやってるので「フォロー」または「いいね」していただけると喜びますm(_ _)m
☞ yasu_shigemoto

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources