ロゴ

【事実】お金は、そこまでいらない話【必要な時だけ、稼げばいい】

LIFE

〜今回のひとこと〜
富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが渇いてくる

こんにちは YASUです。

20代の頃は、お金を稼ぎを頑張り、仕事も掛け持ちしてました。
そして、今は「お金は、そこまでいらないな」と感じています。

ということで、本題に移ります。

お金を稼ぐことは大切ですが、その一方で「お金は、そこまでいらない」というのも事実だと思う。昔はずっとお金を稼ぐことだけにフォーカスしていましたが、最近思うのは「お金は必要な時に、必要なだけ稼いだらいい」という考えです。なので、最低限の生活費を稼げているなら、それ以上はお金に依存しすぎなくていいかもです。

上記の内容を深掘りします。

お金が大切なのはわかりますが、そこまで重要ではないと思います。
この記事は実家で書いており、昨日は300円ほどで暮らしました。

【事実】お金は、そこまでいらない話

freepik-stack-of-different-coins

お金があっても、問題解決しません。

必要な時だけ、稼げばいい

結論として「必要な時に、必要なだけ稼ぐ」がベストだと思います。
起業家とかが、そんな感じですよね。

自分のやりたいことがあって、その目標を達成させるために、頑張って自分で稼いだり、投資家からお金を集めたり、最近だとクラウドファンディングとかですね。

大半の人は、お金だけに依存しすぎてる

昔の僕もそうだったのですが、お金があれば、人生が豊かになると思ってました。

たしかにお金があれば、欲しいものを簡単に手に入れることができるし、徒歩で移動するのがシンドイ時に、タクシーを利用したりとかできますが、それくらいです。

こういった「一時的な物欲だったり、小さなストレスは消せる」かもですが、ぶっちゃけこれくらいです。劇的な変化とかは、ないです。

仕事も掛け持ちして頑張って稼いでいた時よりも、自分のやりたいことを毎日やってる今の方がよっぽど幸せですね。

お金を意識しない方が、わりと稼げる

ちょっと説明は難しいですが、お金持ちの人達をみてると分かりますよね。
ざっくり言えば「好きなことをやるのがベスト」だと思っています。

現在の僕だと、ブログだったり、FXとかにハマってますね。

ブログは590日以上継続中で、まだまだ稼げていませんが、それでも続けられていますし、FXに関してはシンプルに、チャート画面を見ながらトレードをするのが、楽しいんですよね。なんというか、ゲームをしてる感覚で毎日10時間くらいは画面を眺めてますね。w

理由は簡単で「楽しいから」です。

結局はこういった分野で頑張ってる方が、無理せず頑張れるし、意識しなくても続けられ、そして収入も増えてくるのかなと思います。

上を目指しすぎても、シンドイだけ

スイマセン、ここは体験したことないので、僕の想像で話をします。
しかし、これは事実だと思います。

例えば下記のとおり。

  • 月100万円稼いで嬉しい・・・けど、上がいる
  • 月500万円稼いで嬉しい・・・けど、上がいる
  • 月1000万円稼いで嬉しい・・・けど、上がいる

上記のとおり。
いくら稼いでも、上には上がいます。そして、人間の欲望は底なしだったりします。

お金持ちを見ていると分かりますが、収入が増えると生活レベルも上げていますよね。僕もお金を稼いでる時は、生活水準を上げて、住む家のグレードを上げたり、身の回りの家電製品や衣類も高いものばかり揃えていました。マジで欲望の塊になりますね。

大半の人は「豪華な暮らし」とかを夢見るかもですが、たぶんそれができてる人は「1%以下」とかです。仮に月収1,000万円稼げたとしても、それを維持させる方が難しいはず。

もちろん、お金を追い求めてもいいと思いますが、お金持ちになるのは超ハードですよ。

生活費が足りてれば、それで十分

ということで、お金を求めることに否定はしませんが、それよりも「楽しい」と思えることを続けた方がいいですね。

ブログにせよ、FXにせよ、YouTubeにせよ、動画編集にせよ、プログラミングにせよ、成果を出してる人は、共通して、わりと「それを、楽しい、やりがいがある」と感じているから、継続もできているのかなと思います。

好きなゲームだと、何時間でもやれちゃいますよね。
それと同じ感じですよ。

やってみて「つまらないな」と感じたら、辞めればいいだけです。

仕事は嫌いだけど「ゲームは大好きで、何時間でもやれる」とかなら「ずっと、ゲームをして生きるには、どうすればいいんだろう?」と考えたらいいんですよ。

今の時代なら「ゲーム実況」とか「eスポーツ」とかがありますよね。
それを、自分でやるだけです。

最初は稼げなかったりするかもですが、好きなことなら無理せず続けられるはずです。

稼いでる人ほど、楽しんでいる

freepik-beautiful-couple

わりと、事実だと思いますが、下記があります。

  • お金をめちゃくちゃ稼ぐ人は、仕事を楽しんでいる
  • お金が稼げず苦しんでる人は、仕事を嫌がっている

上記のとおりで、なんとなく分かりますよね。

以前IT業界で働いていた僕は「仕事が嫌いで、かつ低収入」でした。
仕事の内容というよりは「会議とか朝礼など、人前で話す」ということがマジで嫌いでしたね。

仕事が楽しくないと、人生も楽しめない

ちょっと言い過ぎかもですが、ぶっちゃけ人生がつまらないと思っています。
というのも、好きでも、楽しいとも思えない仕事だと、どうしても「やらされてる感」になってると思うんですよね。

  • 仕事が楽しい人:自主的に行動し、常に考える→アイデアも浮かびやすい
  • 仕事が楽しくない人:仕事が終わることを、常に考える→週末のことを考えてアイデアが浮かばない

例えば上記のとおり。
なので、つまらない仕事をしていても成長しません。

そして、多くの日本人は「仕事 = やりたくないことでも、我慢は当たり前」
という考え方をしていますが、そういった価値観を持っていると、未来を潰すだけです。

自分の周囲にいる人たちを眺めてみると分かりますが、好きなこと、やりがいを感じながら働いている人の目は輝いているし、生き生きとしていますよ。

過去に飛び込みで会いに行った時に話をさせてもらった経営者の方も言っていましたが「その人の目を見れば、上手くいくか、どうかはだいたい分かる」とも言ってましたね。

お金を稼ぎたいなら、仕事を選ぼう

ここまでを読んで、仮に同意だとしても、とはいえ「やっぱり稼ぎたい」と思う人も少なくはないはずです。

僕もずっとそうだったので…。
なので、稼ぎたい人は、そこにフォーカスするのもありです。

しかし、稼げる仕事は、決まってる

詳細は「頑張っても稼げない理由 | 業種の選択にあり」を読んでもらうと分かると思いますが、業界によってだいたい「どれくらい稼げるか」というのが分かります。

個人的には「IT or 金融」がいいと思います。
または、体育会系の人とかであれば、不動産とかもありですね。

具体的にいうと「ITなら、Webマーケティングとかエンジニア」あたりがいいと思っており、金融なら「外資金融」がいいと思います。

理由はシンプルに、こういった領域はめちゃくちゃ利益率が高いので、稼ぎやすい。

僕はほぼ、中卒くらいのレベルなので、どこにも入れません…。
なので、結果的にブログとか、アフィリエイトとかWebマーケとか、FXとか、動画編集とか、個人でも戦える業種を選びました。

自ら貧乏を選ぶのは、思考停止

ちなみにですが「自分から貧乏を選ぶ」というのはどうなのかなと思います。
例えば「自分は社会貢献してるので、給料が低くても我慢する」的な価値観です。

ここに関していえば、むしろ逆かなと思います。

ニューヨークのゴミ収集は、年収1,000万円越え

分かりやすい例としては「ニューヨークのゴミ収集の仕事」ですね。

この職業の平均年収は「約432万円」です。
人によっては年収「1,000万円以上」稼いでいたりします。
» 参考:ニューヨークのゴミ収集業の年収は?

なぜ「全米ではこういった職業の年収が高いのか?」
というのは下記が理由だからです。

そもそも誰もやりたがらない仕事
→ = 賃金も低い
→ なので、賃金を上げる
→ やる人が増える

上記のとおり。
日本とはちょっと違いますよね。

つまり「収入が低くても我慢して働いている日本人が、その業界の平均賃金を下げている」ということです。

もし、全米のように誰もその仕事をやりたがらない、やらなければ、賃金を上げて募集をかけるようになるんじゃないですかね。

我慢して働いている人がいることは、経営者にとっては旨味でしかない。

日本人のマジメさを、もう少し壊していこう

というわけで、今回はこれくらいにします。
最後に1つあり、それは「もう少し、不真面目に生きよう」ということです。

仕事がつまらなければ、辞めればいいし、賃金が少ないなら職員みんなで文句を言うべき。

海外だと当たり前のように、低賃金だと適当に働くといった感じですよ。
日本だと「低賃金で不満はありつつも、真面目に働く」という文化だったりします。

会社や文化を変えるのは、難しいと思うので「自分を変えればいい」だけです。

あと、補足として、年齢層が高い業界にいると、古い価値観を持ってる人が多いかもです。しかし、今の若い世代だと、古い価値観とかも消えつつありますね。

ちょっと話もズレ始めてきたので、この辺で終わりにします。

ということで、記事前半でも言いましたが、、、
お金は、必要な時に、必要なだけ稼ぎ、あとは、楽しく生きよう」です。

おわり。

人気記事 【全公開】ブログの立ち上げ方法/サイト作成完全マニュアル【無料】

人気記事 【就職サポートあり】動画編集のおすすめオンラインスクール【6社】

                                                                   

Resources